NEWS大好き!

NEWSと嵐を応援しているブログです!ジャニーズ全般好きです。

kちゃんNEWS 2017.08.08

kちゃんNEWS 2017.08.08レポ

f:id:ju26:20170713183105j:plain

ゲストは加藤シゲアキくんです。(ラジオですので多少編集してあります。)

 

慶「しげちゃん、ドラマやったり舞台が決まって司会もやって作家業と、何かと忙しいと思いますけれど…。」

シ「そうでもないよ。」

慶「夏っぽいこと…フェスか!」

シ「あ、フェス行ったってことになるのか。」

慶「そうだね。明日か。」

シ「リアルな話この夜行って、今夜行ってくるわ。」

続きを読む

嵐のワクワク学校2017レポ

嵐のワクワク学校2017 7月9日東京ドーム

 

毎日がもっと輝くための授業を嵐が先生となって行うイベント。

 

今年のテーマは保健体育。

心と体の完成についての5つの授業です。

Sexy Zoneが助手としてサポートします。

 f:id:ju26:20170805234108j:image

 

1時間目は二宮和也くんと中島健人くんです。

テーマはう○こ、です(笑)

f:id:ju26:20170805234131j:image

続きを読む

ザ少年倶楽部プレミアム 2017.07.21 歌

NEWS PREMIUM SHOW

20周年スペシャルコラボメドレー

♪チャンカパーナ(NEWS・2012)

♪道は手ずから夢の花(KinKi Kids・2016)

♪恋を知らない君へ(NEWS・2016)

♪愛されるより 愛したい(KinKi Kids・1997)

♪硝子の少年(KinKi Kids・1997)

 

光一「剛くんが出られなくなっちゃったからNEWSとも話し合って…、最初歌おうとしてたのって何だっけ?チャンカパーナと、もう一つ違うホームランみたいな曲!」

小山「フルスイングだ!」

NEWS「ホームランみたいな曲!(爆笑)」

増田「僕らが復活した時の名曲ですよ。」

光一「俺テキトーだなー。」

 f:id:ju26:20170804210044j:image

f:id:ju26:20170804210059j:image

 

手越「恋を知らない君へのBメロを光一くんに歌って頂いているじゃないですか。ゾワっとするね!」

 

増田「手越ってあんまり努力を見せないタイプなんですよ。」

光一「チャラそうだもんね。」

増田「みんなそう思っているじゃないですか。なのに、ガッチガチ努力しているんです。」

光一「さっきNEWSのマネージャーに聞いたよ。車の中でもずっとリピートして聴いてくれてるって。」

増田「車の中と、小山が電話した時に家でも聴いていたらしいですよ。」

光一「すごいね。偉いねー!」

小山「手越と電話すると、後ろで大きい音でKinKi Kidsの曲掛かっているんです。真面目!」

光一「偉いなお前、何でそんな…もうちょっと真面目な部分出せよ!」

手越「恥ずかしいんだよな。」

f:id:ju26:20170804210126j:image

手越くん、照れて終始笑いが止まらないようです(笑)

 

チャンカパーナ

最初はNEWS4人で歌っています。

f:id:ju26:20170804210222j:image

f:id:ju26:20170804210233j:image

あぁカッコイイ!!

f:id:ju26:20170804210327j:image

最後の方で光一くん登場!

f:id:ju26:20170804210340j:image

このラブラブっぷりはたまりませんねー(๑˃̵ᴗ˂̵)

まっすーは振られて光一くんはてごにゃんを選んだ、と言うことでしょうか…^_^

手越くんのこと嫌だと言っておきながら満更でもない光一くん♩

 

チャンカパーナポーズをやって!と光一くんにおねだりするも…やってくれませんでした(笑)

f:id:ju26:20170804210313j:image

 

道は手ずから夢の花

光一くんとテゴマスのハモリ、素敵でした!!

 f:id:ju26:20170804210736j:image

 

恋を知らない君へ

慶ちゃんの写真が少ない( *`ω´)と思われますが…なかなか良い写真が撮れなくて(◞‸◟)ごめんなさい(´;Д;`)

f:id:ju26:20170804210823j:image

 

愛されるより愛したい

ダンスがかっこいい!

 f:id:ju26:20170804210934j:image

どうしてまっすー笑っているの?(笑)

 f:id:ju26:20170804211056j:image

 最後は…光一くんがキョロキョロして慶ちゃん笑ってます!

 

硝子の少年

手越くんの歌い出し、かっこいい!!

f:id:ju26:20170804211043j:image

 

とっても素敵な豪華コラボでしたね!

硝子の少年、予約してフラゲしたのが懐かしい☆確かアルバムも一緒に発売だった気が!?

 

ザ少年倶楽部プレミアム 2017.07.21 トーク

ザ少年倶楽部プレミアム 2017.07.21トーク部分のレポです。

ゲストはKinKi Kidsの堂本光一くんです。堂本剛くんは体調不良の為欠席です。早く元気になって欲しいですね。

 

光一くんは、「KinKi Kidsは剛君以外考えられない。」と言っていました。

素敵なコンビですね☆

f:id:ju26:20170801215237j:image

 

番組では昔の秘蔵映像が放送されました。

 

23年前(当時15歳)の質問です。

Q:これだけはやめてほしい女の子のしぐさは?

A:虫を豪快に退治する女の子(光一)

  鼻の中にハエが住んでる女の子(剛)

Q:1日だけ透明人間になれたら何をする?

A:中居くんの部屋に潜入!(光一)

  女の子の鼻の中にハエを入れる。(剛)

続きを読む

kちゃんNEWS 2017.07.25

f:id:ju26:20170721223911j:plain

kちゃんNEWS 2017.07.25 レポ

ゲストは手越祐也くんです。(ラジオですので多少編集してあります。)

 

手「どうも、ダニエル・ラドクリフです。」

慶「誰?それわっかんないよー。」

手「ハリーポッターの主演。」

慶「あーそうですか。詳しいなぁ。」

手「すみません。ありがとうございます。えー、僕の行った大学はグリフィンドールでございます。」

慶「あーそうですか。大学なの?あれ。」

手「あーそう。大学。グリフィンドールの方卒業しまして。」

慶「1個、じゃぁ僕に魔法かけてもらって。」

手「いっきましょうー!!エクスペクトパトローナム!」

慶「あー、いいねいいね。立ち上がって。素晴らしいね。本当疲れたでしょう?もうそろそろ。」

手「うん、疲れた。1回寝るね。」

慶「寝るんだね、OK。」

手「(いびきをかく真似。)」

慶「顔!!顔ヤバイ、白目。」

手「あははは。」

慶「口パッカンして。メール読んでいくよ?」

手「はい、どうぞ。」

 

 

最近のメンバーの隠し撮りベストショットはありますか?

 

慶「最近手越は俺を撮るよね。無言で。」

手「そうだよ。」

慶「あと、リハ中とか。歌番組のリハ中とか急にカメラを近づけてきてカチャカチャ撮るんだわぁ。あとは、あのスタッフさん達も撮るしね。」

手「(笑)あのー、お世話になっている方撮りましたけれどね。偉い方の打ち合わせしている最中1枚バシャっと撮りました。」

慶「あと手越がよく撮るのが…。」

手「あははは。」

慶「下の角度から煽って撮るのね。」

手「えー、そうですね。」

慶「寄って撮る。あのね、すごいズームで撮るのよね。」

手「そうです。ズームで撮ります。」

慶「それを僕ら4人のメールに送ったりするのね。」

手「え、そうそうそう。」

慶「面白いんだけれどね。」

手「そうそうそうそう。楽しい、楽しい。」

慶「楽しんでいきましょうね。」

 

 

大学からフットサルを始めると男の人目当てって感じが出てませんか?

 

手「出てなくね?全然出てなくない?」

慶「ラケット競技ってことはテニスとかしてたのかな?」

手「そうだね、多分ね。」

慶「でもさ、大学のテニサーもそういう風に言われるじゃん。テニスサークルもちょっとそういう感じ。」

手「てか、別に異性を目当てに思われて何が悪いの?」

慶「そうなんだよね。」

手「人間みんなそれがモチベーションでさ、かっこつけるし可愛い服着ようと思うんじゃないの?そこは、別にそう思われても良くない?」

慶「ただちょっとそこが気になってるんだって。」

手「全然いいじゃん。逆にそこにモチベーションがない人ってのは多分自分で自分を…こう何だろう?美意識高く持てない人だと思うけどね。」

慶「おー、いいね。」

手「異性の目を常に気にするから『もっとかわいくなりたい。』『もっとおしゃれになりたい。』とかってモチベーションがある訳じゃん?」

慶「そうね。きました。」

手「だからいいんだよ。そうやって思われても。やりたいことやればいいよ。」

慶「ちなみに、大学からフットサル始めるのはどうなの?」

手「別にいいでしょ。男の中に入って最初出来なくてもパス回してくれるわけよ。ってやってたらいつかうまくなるから。マジでマジで。絶対うまくなる!」

慶「こりゃもう決まったな。サークル。」

手「できない子達だらけの中でやるより出来る人の中にポンって入れてもらった方が絶対いい。」

慶「そうだな。うん、だって。やってみよう!」

手「はーい!」

 

 

 

心霊体験したことありますか?

 

手「怖いねー。」

慶「わぁ!!」

手「わぁー!!ビックリしたー!」

慶「わぁー!ビックリしたー!」

手「何だ、おい!」

慶「誰?今の仕業。ビックリしたー。」

手「ビックリした。マジでビックリした。」

慶「今スタッフさんに電気消された。」

手「ビックリした、今。いやいや、超ビックリした。」

慶「え?何々?電気?カメアシのケーブルだ!ケーブルを送ってる。ケーブル。カメアシさんだ!ケーブルを…。」

手「あはははは。」

慶「誰もわかんないぜ。よくわかったと思うよ。俺どっちかって言ったら。わかんないよ。ケーブル送りはわからないよ。エアーでカメアシを。エアカメアシはやめて。」

手「あれうまいよねー。同じ丸の大きさでパパって入っていくもんね。」

慶「その人がミスると、テレ東音楽祭みたいになっちゃうからね。転んじゃうからね。」

手「そうそうそう。」

慶「怖い体験ってしたことあるの?手越って。だって色んな海外のホテル行ったりとかあるじゃない?」

手「ないないない。霊感ないもん。」

慶「何かちょっと変だな、とかない?」

手「一回上に乗られたことあるけれどね。」

慶「あんじゃねぇか。怖いんだけれど。」

手「あと『除霊に行った方がいいよ。』って言われたことある。」

慶「あ!!何か前言ってたじゃん!」

手「そうよ、憑いてるよって。」

慶「で、盛り塩した方がいいって。」

手「そう。今でもしてる。」

慶「生霊だっけ?」

手「そう。」

慶「なんかそういうのが見える人に『手越くんはそういうの気を付けた方がいいよ。』って言われたんだって。」

手「次膝ケガするよって言われたの。ケガは確かに続いていたのよ。次膝ケガするよって言われて。盛り塩した。言われた通りに。」

慶「今もしてるでしょ?」

手「してる。で、今いないって言われた。」

慶「俺も盛り塩してるわー。」

手「怖いよね。そういうのあるんだね。確かに訳わかんないケガ続いたーって思ったんだよね。」

慶「なんかこう、あるんだろうね。そういう周期というかね。」

手「そうだね。」

慶「でも気を付けてね、カメアシ(メールくれた方のバイト)頑張って下さいね。大変な仕事だと思います…。いいよ、ケーブル送るなよ。何なんだよー。」

手「あはは。」

慶「誰もわかんないよ。」

手「わかんないですか?」

 

 

最近のコヤテゴのパンツ事情が聞きたいです。

 

慶「えー、ですから、僕がコンサートではいてたパンツをこうー、干してあった物を手越くんは持って帰っちゃったから。」

手「同じ柄だったから『あ、俺の忘れ物だ!』と思って持って帰ったら違ったみたい。」

慶「家に二個あったんだろ?」

手「そう。」

慶「それを写真送ってきたよ。みんなにな。俺もビックリしたよ。」

手「まぁ、同じのをはくのが悪いけどね。」

慶「いやいやー、あげたんだし。てか、あげたっていうか取られたんだ!今日は青いパンツ。」

手「今日は青いパンツ。」

慶「青いパンツ。お前本当にさ、お前さ、これ解説出来ないのよ。ラジオ局っていうのは、これブースに入っているけれど外の方も見られるんだよ。」

手「外にね席があんのよ。だから、今いなくなったからちょっと攻めてみたの。」

慶「(笑)」

手「この角度ね。そうそう席があるでしょ?あそこに人がいたの。さっきは。」

慶「動画じゃないよね?って。」

 

 

お悩み解決サマータイム!

 

長身がコンプレックスです。どうやったら祐也くんみたいにポジティブに考えられるようになれますか?

 

手「おー、なるほどね。」

慶「174㎝だって。」

手「ミスコンの人ってみんな大きいじゃん?だから、海外の人からしたら日本の美女って背が高くて黒髪でっていうイメージが強いわけよ。逆に小柄な人は海外からモテないんじゃない?」

慶「あー、逆にね。」

手「日本人としては大きいけれど、まぁ勿論世界に目を向けるっているのはちょっと違うかも知れないけれど、別にそれをだってモデルとかも背が高い人が多いわけじゃん?スタイル良いって風に捉えちゃえば?JK174?うーん、よしよしして欲しい。」

慶「あははは。そうだよね。甘えたくなっちゃうよね。」

手「甘えたくなっちゃう。」

慶「なんかね、自分より大きかったら甘えたくなっちゃうよね。」

手「よしよししてほしい。」

慶「よしよしされたらどうなの?16歳に『てごにゃーん。』ってよしよしされたら。」

手「デレデレする。顔の肉が5メートル垂れると思う。」

慶「あははは。5メートル?」

手「うん。地下まで行く。大江戸線くらい。大江戸線だったら30メートルぐらいか?大江戸線…。」

慶「わかった、わかった。大江戸線わかった。」

手「すっごい深いでしょ?」

慶「深い。はい。」

 

 

リスナーに夏バージョンセリフ。

 

手「あのさ、やっぱ花火ってめっちゃ綺麗だよね。あ、でも、すごいいいなーって思うかもしれないけれど、この後二人っきりで家行ったらもっといい景色見れるかもね。二人の、打ち上げ花火、あげちゃう?チュッ。」

慶「これ下ネタだな。」

手「ありがとうございます。」

慶「お疲れっした!」

 

 

FODプレミアム 

24時間テレビのドラマにシゲが…!

f:id:ju26:20170724080427j:image

「24時間テレビ40 愛は地球を救う」内で放送されるドラマ「時代をつくった男 阿久悠物語」に加藤シゲアキくんが出演することになったそうです!嬉しいですね!
亀梨和也くん演じる阿久悠さんの盟友だった作曲家・都倉俊一役だそうです!

このお二人のコンビ、とても楽しみですね!

kちゃんNEWS 2017.07.18

f:id:ju26:20170721223911j:image

kちゃんNEWS 2017.07.18レポ

ゲストは手越祐也くんです。(ラジオですので多少編集してあります。)

 

 

慶「焼けてるな。どこ行ったんだ?それ。」

手「普通にスポーツですよ。」

慶「スポーツでそんな焼けたの?」

手「バーチーの方で。」

慶「バーチー?あ、千葉の方でね。千葉県の、千葉県のギャグと言ったら?」

手「千葉けーん!!ねずみがいるよ。」

慶「OK!ねずみがいるよ!何でだろう?何でだろう?何でだろう?何でだろう?何でだろう??」

手「ミッキーってねずみじゃなかったっけ?」

慶「あー!ひっどいわ。ねずみがいるよ。ネズミーランドね。」

手「そうそう。」 

 

 

 

NEWS四人で飲んだ時の話を詳しく教えて下さい。

 

慶「NEVER LANDのコンサートの打ち上げをしようじゃないかということで、NEWSの音楽担当のスタッフさんの家に四人で集まって飲んだわけです。」

手「そうですね。」

慶「まぁ、あのー、お邪魔するわけですから、この話何度もしていますけれど、みなさんね何か持ち寄って行こうと。僕はワインとグラスも買っていってね、持って行って、増田さんもワイン持って行って、加藤さんもワイン持って行って、で手越さんは手ぶらの方でいらっしゃって…。」

手「僕はあのー、後日車をプレゼントしました。」

慶「え?マジー?」

手「ドーンと。」

慶「やっぱ違うな!芸能人。」

手「玄関にドーンと!」

慶「玄関にドンはもうミニカーだよね。

可愛いね、子供二人いてね。女の子二人いるのよ。俺らが行った時間ちょっと遅かったんだけれど起きて待ってたの。『会いたい。』って。まだちっちゃいのよ。5歳になってないかな?したらね、手越がね、ずーーっと二人の近くにいてね、お兄ちゃんするわけよ。お兄ちゃんっていうかパパだよね。ずっと遊んであげてハイタッチしたり抱っこしたり、子供好きね、あなた。」

手「子供超好き。もうたまらんわ。」

慶「喜んでたもんね、あの子たち。」

手「子供、結構抱いてきてるのよ。」

慶「子供抱いてきてる?」

手「だからその、友達の子供生まれたてほやほやの時に病院にお見舞いに行って、生まれたての子供抱っこしたりとか。」

慶「だってその写真送ってくるもんね。」

手「2,3時間とか抱っこし続けられるからね。」

慶「4人のメールにさ、子供だけ抱えた写真送ってくるとビクっとするからやめてくれない?」

手「あはははは。」

慶「え??」

手「パパになった?って。」

慶「メッセージつけてくれないかな?あれだけ送られてくると『うわうわうわ!』ってなるから。いやでもね、可愛かったなー。女の子二人っていうのはやばいね。」

手「かわいいな。パパになりたーい!てごにゃんパパになりたい!」

 旦那さんの友達が手越くんで、出産後にお見舞いに来てくれるとしたら…すごく緊張しちゃいますね!私が下の子を出産した後の写真を見たら疲労で骸骨みたいな顔をしていたので(笑)恥ずかしくて会えないわーと思いました(^^;

 

 

 

お祭りに行ったら何を食べますか?

 

 

慶「てごにゃん何食べますか?」

手「俺?何食べる?えっとー、ソーセージ。あのでっかいやつ。何て言うのあれ?」

慶「フランクフルトか?」

手「フランクフルトか、パンないよ。フランクフルト。」

慶「パンない、大丈夫。」

手「フランクフルトと焼きそば。」

慶「あー、じゃぁ結構ベタなものいくんだね。」

手「で、缶ビール買って。」

慶「あー、一番良いパターンだな。」

手「酎ハイ飲んで。最高だよ。」

慶「祭りとかいいなー。」

手「何食べる?」

慶「俺はチョコバナナ。」

手「マジ?」

慶「チョコバナナ大好き。」

手「マジ?」

慶「うん。」

手「食ったことないわ。」

慶「チョコバナナ食ったことないの?」

手「でもわかんないけれど、チョコバナナを食べてる人見るの好きだけれどね。」

慶「は?いやいや、かわいいよね。」

手「そうよ。何かかわいいじゃん。」

慶「…うん…。何だ?この間(ま)。」

手「あはは。」

慶「まぁこの間はいいや。ご想像にお任せしよ。

いやー、でも夏祭りね。どうなんですか?今年行こうかな、とか。」

手「行きたい!去年全然行けてない。一個も行ってない。」

慶「変装じゃない?手越ってさ、帽子かぶって…。」

手「無理なんだって!」

慶「帽子かぶったってちょっと出ている髪で手越じゃん。」

手「どうすりゃいい?ズラ?」

慶「ズラかぶった時に、ズラでバレる程恥ずかしいことないよね。」

手「確かに。」

慶「いいんじゃない?もう別にバレても。」

手「『どうぞ!僕です!』って感じでは行きたくないのよ。なんなら普通に屋台で食べたりとか。もう本当に頑張る時にはこう…。」

慶「今やってくれてる。これ、誰?手越さん!これ、手越さんですね。手越さん!手越さんごめんなさい。」

手「これ以上何を…。」

慶「一回後ろ向いてくれる?ガイさんこれ誰?」

ガイ「手越さんですね。」

慶「手越さんですね。無理っすね。」

手「これ以上隠すとこないじゃん。」

慶「無理っすね。すいません。ちょっと変装が無理っす。」

手「どうすればいいのよ?」

慶「ちょっとうるさい。うるせぇ。存在がうるさい。」

手「ほー。わかんないんだよねー。まーきの。」

慶「やめなさい!何で傾いたんだよ。何で急に『まーきの』きたんだよ。何でおばたなんだよ。」

手「あははは。わかんない、わかんない。」

 

 

女性のどんな浴衣が好きですか?

 

慶「あははは。ねぇ、何で脱いだの?俺がメール読んでいる間何で脱いだの?何で今裸なの?ビックリする。浴衣の話で何で脱ぐの?怖い。」

手「暑かったから。あははは。」

慶「俺も何かメールに目を通しながらさ、何か脱いでるな、と思って。嫌だ。怖い!嫌だ。これが突発的に起きる人、嫌い。俺。怖い。嫌だ。

どんな浴衣が好き?」

手「浴衣?俺さ、色々話しちゃってるかも知れないけれど、女の子っぽいのが好きだから白とかピンクがいいわ。お花とか。」

慶「いいよね。俺も白地とか好きだわ。」

手「紫とか好きそうだね。」

慶「あー!いいね。別にメンバーカラーとか関係なく紫の浴衣とか俺ちょっとセクシーに見えるわ。かわいいなー。」

手「浴衣いいよなー。」

慶「浴衣ってさ、浴衣っていいよね。」

手「俺水着より浴衣。」

慶「あ。本当?別に聞いてないよ。」

手「いやー、違う違う。夏のイベントで海とかお祭りだったとしたら、俺は水着より浴衣よ。」

慶「わかる。何だろう?見えすぎるのが水着かな?」

手「そうそう。見えすぎちゃってるんだよね。」

慶「浴衣の中にある下着とか想像するよね。」

手「想像する楽しさがあるよね。水着もう出ちゃってるじゃん。結構。」

慶「出ちゃってる。俺も浴衣の中どうなってるのかなって想像するの好き。」

手「いいよね。そういうのが何て言うんだろう?男の心をくすぐるよね。」

慶「浴衣もさ、帯を取ってしまったらサラッといけるわけじゃん?」

手「帯の中どうなってるの?」

慶「帯の中?中?」

手「浴衣の下って何着てるの?」

慶「まぁ肌着着る人もいると思うけれど殆どそのままブラじゃないの?」

手「え?ブラ、下着の上に浴衣着てるの?」

慶「ブラ、下の下着、で浴衣でしょ?」

手「そうなんだ?」

慶「たいていそうじゃない?え?ブラもしない?」

手「ブラもしない?へぇー。だとしたら俄然楽しいよね、みんなは。」

慶「俄然楽しいなー。」

手「かも知れないっていう。かもしれない運転みたいな感じでしょ?だろう運転よりかもしれない運転って教習所で。」

慶「うるさいなー。

あーいいなぁ!そっかー、浴衣いいなー。」

手「いいねー。」

慶「いいなー。」

手「浴衣想像するといいなー。それはなかったね。」

慶「その発想はなかったね。たまらんわちょっと。この先進めなくなっちゃった。」

 

いやー、さすがに今時ブラはするんじゃないですか?せめてスポーツブラとか。何もつけないのは不安しかないです(^^;

 

 

男友達が女装姿の手越くんに惚れてしまいました。

女の子になりきって男性に一言言ってください。

 

慶「すごいね。」

手「すごいね。まぁ番組で何回かやったことありますけれどね。」

慶「マジ可愛いもんな。」

手「やりましたね。タカトシさんの番組でやりましたし。」

慶「あれ、女装した時に入るスイッチってあるの?自分のこだわり。」

手「やっぱ自分が好きな感じの女装するよね。ちょっと下から見てみて。」

慶「え?今机の下から手越を覗けばいいの?」

手「覗いて。」

慶「…何でさ…、おまえ本当に頭おかしいんじゃない?こいつさ、ズボン脱いでるんだけれど。怖いよ、俺。いや、パンツはいてるよ。怖い。青いズボンから青いパンツ出てくるのよ。何青に青重ねてんだよ。ややこしいよ。」

手「あははは。いいじゃん!見せることねぇんだからいいじゃん。」

慶「いいけど。何今覗かせたの?変態なの?何を思わせたいの?俺に。『あ、パンツだ!』って?変態なの?怖い。」

手「あはははは。何が?」

慶「こういう男だよ。みんな。それでも好きか?」

手「あははは。」

慶「好きだろうな、うん。こういう手越がみんな好きなんだろうな。」

手「もう、こういう俺を好きになってくれないと無理です、ごめんなさい。俺こういう人間だから。」

慶「今の男の惚れてくれた人もちょっと興奮したかもね。『おぉ!手越くん脱いでるんだ。』と。」

手「女装の俺が脱ぐのに興奮するだけで、別に男性の俺が脱いでも興奮しないでしょう?」

慶「いや、わかんないよ。もういいところまでいっちゃってるかも知れないよ、これは。」

手「面白いけれど嬉しいな。」 

 

 

新コーナー、お悩み解決!SUMMER TIME

 

受験に向けて不安で泣いてしまうことがあります。

手越くん、ポジティブに頑張れる言葉をくれませんか?

 

慶「受験生。不安に押しつぶされそう。泣いてしまう日もある。」

手「いやー、そりゃ大変でしょう。受験って。お互い受験経験者じゃない?大変だと思いますよ。俺勉強とかも思うんだけれど、受験をゴールにして考えるから『受かるかな?落ちるかな?』って悩んじゃうと思うんだけれど、頑張るモチベーションとして、受験にもし合格していい大学に行きました。もしかしたらいい所に就職出来るかも知れない。その経歴によって、人より上の会社に勤められるかも知れない。そうなると当たり前だけれど、対価でついてくるお金ってものがあるわけじゃん?働くってことは。そのお金も普通の人より多く貰えるような会社で働ける可能性が上がるじゃん?だから、その受験をゴールにするんじゃなくてその先にある、10年後、15年後に、他の人では行けないような、ちょっとだけ高級な寿司屋に行ける、おいしい焼き肉屋を食べれる。そうなる為の通過点なんじゃないかな?受験って。そこに合格しちゃった方が、そうなれる確率を上げられるわけ。だから、そうなりたいがどうかだよね。」

慶「ほー、なるほどね。人生の質を上げたいかどうか。」

手「そうそうそう。受験をゴールにするときついから、その先にある、女性だったら好きなファッションが買えるような生活の方がいいわけじゃない。そういう自分を想像したらもしかしたらちょっと苦じゃなくなるかもね。」

慶「確かに。これ仮にさ、一生懸命頑張った結果さ、ダメになっちゃう子もいるわけじゃない?それもまた気付きだもんね。」

手「そうね。努力は裏切らないからね。財産になっているからね。」

慶「そうそう。はい!お悩み解決!こんなコーナーです。手越だからこんな解決するけれど、シゲは大丈夫か。まっすー大丈夫かな?まっすーは一緒に悩んじゃいそうだね。」

手「あ、本当?お悩み解決コーナー終わったあと僕出てきますからね。」

慶「いいんだよ、いいんだよ…。お前は本当に…。」

 

  FODプレミアム