NEWS大好き!

NEWSと嵐を応援しているブログです!ジャニーズ全般好きです。

KちゃんNEWS 2017.07.04

KちゃんNEWS 2017.07.04 レポ

f:id:ju26:20170718023947j:image

ゲストは増田貴久くんです。

(ラジオですので多少編集してあります。)

 

慶「お誕生日おめでとうございます!!サーティーワン!」

増「アイス下さい!」

慶「サーティーワンのね、CMやりたいんだって、まっすーは。ずーっと。」

増「サーティーワンだからCMやりたいのね。」

慶「だからWESTが今やってるから、WESTからEASTに。ジャニーズEASTに?」

増「増田EASTにね。」

慶「まぁないわけじゃないんですか?サーティーワンですからね。増田さん、31。大人になったねー!」

増「大人になったんだねー。でもやっぱまだね、手越とも話してるんだけれどね、23,4歳位に思われてるんだよね。多分NEWSって。」

慶「若いグループだと思われてるよね。」

増「そうそう。だから『30』とか言うと『え?24位かと思ったー!』って言われるのを結構何年も続けてきてるから。」

慶「俺も33…驚かれるね。」

増「小山は、でもまぁー。」

慶「28とか。まだ30いってると思われてない。『28位だと思ってましたー。』て。」

増「シゲだけね、もう40位…。」

慶「ちゃんとしてるのよ。昔から40位だからねー。」

増「内容はね、子供なんですけれどねー。」

慶「おめでとうございます!」

増「ありがとうございます!」

慶「まっすーに1曲送りましょう! NEWSでHappy Birthday.」

増「これプレゼント?」

 

 

 

 成人式の前撮りをした時に、カメラマンさんから『おぉ!天才!』とか『すごいね、天使みたいだよ。』とか声をかけてきてどんな顔をして受け止めていいかわからず困りました。お二人は撮影の時にカメラマンさんから言われた時どう対応していますか?

 

 

慶「minaはどうなんですか?でもあれは」

増「まぁminaは普通に『いいねー。』みたいな。『もうちょいこうしようか?』とか。」

慶「女性誌ですよね。我々驚くのは。」

増「初めての女性誌とかは結構ね。美的とか。」

慶「『うわぁー!綺麗!』『すごいイケメン!』『奇跡~!』とか言われるからね。

何だっけ?『親に感謝ー!』だっけ?」

増「そうそう!美的じゃなかったっけ?」

慶「違う違う、何か女性誌。『もう本当顔綺麗!もう両親に感謝!』あんなの初めて聞いたよね。『スタイルが天才!』とかね。」

増「でもちょっと褒めてもらってね。でも『微妙だなー。』って言われた時の表情どうしていいかわからないから。褒めてもらった方がいい方に撮影がいくというかね。」

慶「逆に『そんなこと言われるんだ!』って笑ってたらいいと思う。リラックスさせたいんだと思う。カメラマンさんもね。俺らもそれ聞いたら笑っちゃうから。」

増「自然な表情とかね。」

慶「そうそうそう。それを引き出してると思うんだよね。」

増「いいカメラマンさんだよね。」

慶「いいカメラマンさんだと思いますよ。」

 

 

 

テレ東音楽祭を見ました。裏話などあれば教えて下さい。

 

 

増「これはまぁー、カメラマンさんですか?」

慶「あー、転んじゃってね。CMに入る前にカメラマンさんがガーっと車に寄って来てね。シゲが手を振って、手越まで映るっていう流れだったんだけれど、あれケーブルがね、短かったんですかね。」

増「後ろにね、多分カメアシさんがいてね、ちょっとミスったんでしょうね。」

慶「そしたらカメラマンさんがケーブルに引っかかってそのまま後ろにゆっくーり転んでったんだよね。」

増「ケーブルが本当はもっと長くてこっちまでグーンって来れるはずだったんだけれど、ケーブルが短くなっちゃってたのかな?引っかかっちゃって、グンってなって、カメラごとあーって。」

慶「あーって声が言っちゃうっていう。あれね、カメラにマイクがついているからしっかり拾える形だったんだよね。

今日ね、日テレの人に聞いて、みんな見てたんだって。あれね、サイドミラーにぶつかっちゃったんだと思ったんだって。で『事故ったの?』って言われて。俺ら的にはゆっくり転んでって、カメラマンさん笑ってたから当たり前に無事だって分かっているけれど、テレビ見ている人は『あれ大丈夫だったの?』て。」

増「あー、そっちなんだ。」

慶「次の、俺らの提供バックで映ってた顔がニコニコ笑ってたから大丈夫だったと思ったんだって。あそこで言えば良かったね。『カメラマンさん無事で大丈夫でしたよ。』って。」

増「言ってたんよ。俺、後ろで。」

慶「あ?言ってた?」

増「『大丈夫でしたよー!』ってあのバナナ、あ、ナナナか。」

慶「完全に今バナナって…。」

増「ナナナのことバナナって言ったら『ソレダメ~!』って!」

慶「OK!よかった。いい流れでしたね。」

増「ありがとうございます。」

慶「まっすー、大丈夫って言っててくれたんだね。よかった、よかった。

僕ら的には一部始終見ていたので面白くてねー。」

増「全然ね、勢いよく倒れたとかじゃなかったから良かったよね。カメラマンさんがカメラ持ったままゆーっくり、ゆーっくり倒れていったからね。」

慶「カメラマンさんってすごいな。やっぱああいう時ってカメラ守るじゃない?だって普通だったら転んだら手を放しちゃうじゃない?」

増「多分、シゲと手越だったらカメラからいくだろうね。」

慶「ガンって。」

増「自分を守るためにカメラ犠牲にするタイプだけれど、俺と小山はカメラ守って何なら自分が怪我する。」

慶「そうそうそう。まぁ無事だったのでご安心ください。」

増「大丈夫でしたからね。」

 

 

 

テレ東音楽祭で先輩後輩とのエピソードがあれば教えて下さい。

 

 

慶「WEST来たじゃない?リハの時に。」

増「あー!そっかそっか。」

慶「WESTが来てくれて。」

増「WESTが俺らの後だったのかな?リハーサルが。」

慶「あと俺A.B.C-Zにも会った!とっつーとおしっこ並びでしたわ。横見たら『おぉ!とっつー。』て。」

増「とっつーもおしっことかするんですね。」

慶「おしっこするのは…解禁してるかな?その辺のアイドル事情知らないけど大丈夫じゃないの?」

増「あー、そうなんだー。俺しないから…。」

慶「いやいやいや。マジで?まだいく?31で。おしっこしないの?」

増「しないよ。」

慶「何出てるの?」

増「全部毛穴から。」

慶「毛穴から?きたねぇ。」

増「毛穴から蒸気で。」

慶「マジ?毛穴から蒸気でってそのアイドルすごいな。

まぁ、トロッコがね、結構リハーサル時間かかりまして。あれ、言ったらまぁ4分位の尺やらせて頂いたけれど、リハーサルはスタッフのみなさん頑張ってくれまして、2時間位かかったんじゃないかな?」

増「キューショット、さっき言ってたカメラマンさんが転んじゃって俺らが車でブーンって通り過ぎるやつ、あれも3,40分リハしてました。何なら俺ら乗ってるだけだし、別にリハしなくても当日一発で大丈夫なやつだけれど、俺らは普通にシートベルトして後ろに乗ってて。『ここでいきますんで、全員映って下さい!』って。

『結構な速度なんで、全員乗り出したら危ないですよー。』なんて言いながら。『シートベルトもしてるしね。立ち上がれないですよ。』なんて言いながら。」

慶「長い時間リハやった結果、カメラマンさんが転ぶっていうまさかのリハーサルにない展開。それが生放送で面白いんですけれどね。」

増「面白かったね。weeeekのこう広がりとか、やらせてもらえて嬉しかったですよ。」

慶「テレ東さんらしい感じで、ありがとうございました。」

増「ありがとうございました。」

 

 

 

ツアーのお気に入りナンバーワンの衣装を教えて下さい。

 

 

慶「衣装で言ったら、俺もミリタリーすごい好きで。」

増「あ?本当?良かった。」

慶「ああいうオーバーサイズって似合う似合わないちょっと出てくるじゃない?みんな似合ってた。」

増「そうね。あれ結構でも、同じようなテイストの衣装なのに全員がちょっと違うっていうのが一番難しい。」

慶「そうなんだよ。」

増「全員それぞれバラバラな物とかだと、あのピンク黒のSilent Loveで着てた衣装なんかは結構人それぞれに合わせて作れるからいいんだけれど、オープニングとミリタリーのやつは基本のベースの形は一緒じゃん?そうすると難しいんです。」

慶「ちょっとした所で変えないといけないからね。」

増「本当に肩1センチ出そうとか入れようとか。」

慶「ここ星付けようとか。」

増「そうそう。あれ元々作る前から小山が『俺ちょっと迷彩の衣装作りたいんだよね。』ていう話から出来た衣装ですから。」

慶「まっすーが衣装作りうまいのは、それだけで成立させないで他と組み合わせても出来るようになっているじゃない?下は違う衣装だけれど上も違う衣装持ってきて。」

 増「今後、例えばネバーランドのオープニングの上のマントと迷彩の下を合わせてもいいとか、そういうような何となく合わせられるようには作っているつもりではいるけど。」

慶「まぁこうやって色んな歌番組に出させてもらったり、年末のカウントダウンとかあるからそういう時に着られるように、とかね、色々と先も考えながら。」

増「カウントダウンでジャニーズの人がいっぱいいる中で、やっぱ他のジャニーズが絶対着てないよなっていう衣装を作りたいなっていうのもちょっと気持ちの中にもありますし。」

CUTE ME!